2019年04月30日

家族旅行でグアムへ行ってきました。

長男が東京へ就職に行くことが決まって、
これから家族揃って旅行に行くことも、
なかなか難しくなりそうだな〜と思い、
最後になるかもしれない家族旅行へ、
3月の終わりにグアムまで行って来ました。

今回は、思い出づくりのために、
いろんな体験をすることがテーマです。
いろんなアクテビティが充実していて、
日本からも近くて、比較的に安いグアムは、
旅行のテーマにぴったりです。

初日は、午前中にセントレアを出て、
昼過ぎにはグアムに到着。
ホテルでゆっくり過ごしてから、
夜はホテル内のプールサイドのステージで、
ファイアーダンスとかを見ながらBBQを食べ、
娘と嫁はホテルに残して、息子2人と3人で、
射撃場に行ってピストル、ライフル、ショットガンの、
実弾射撃を体験して就寝しました。


2日目は、早めに起きて、全員で歩いて15分のところにある、
The Kracked Eggでエッグベネディクトを食べて、
ホテルに戻った後、オプショナルツアーの送迎で
ビーチまで行き、JET SKI(水上バイク)を体験…
そうそう、実は、大学の頃に船舶免許を取っていて、
バイト先の若狭の浜茶屋で毎日乗っていたから、
JET SKIは結構得意なんです。
images.jpg








イメージ写真(あくまでも…)

そのあとビーチでシーカヤックでレースしたり遊んだあとは、
クルーザーで30分ほど走り野生のイルカを見に行って、
シュノーケリングを楽しんでから寄港。

IMG_1058.JPG











一旦ホテルに戻ったら、夕方は、サンセットディナークルーズ。
IMG_1063.JPG












3日目は、ホテルでバイキングの朝食後、
メインイベントのグアム上空4500mからのスカイダイビング。
タンデムダイブと言って、インストラクターにぶら下がる形で
ダイブして1分ほどフリーフォール。
思ってたより、全然落下のフアッと感が無くて、
落ちているというよりは上空を鳥のように羽っている感じで、
サイコーに開放的な体験でした。
スカイダイビング中の次男

1人5万円弱と高額ですけどグアムはスカイダイビングには、
非常に適したところだという事でしたのでおすすめです。

スカイダイビングの後は、レンタカーを借りて、
定番の恋人岬までドライブ。

IMG_1088.JPG












P3290060.JPG











同じ恋人岬で13年前に取った写真(子供小っさ!)

その後、タロフォフォの滝までドライブをして、
グアムの水曜名物のチャロモビレッジのナイトマーケットに。
そこで現地の人と踊ったり、マーケットで服やアクセサリーを買って、
屋台で串焼きやチャロモ料理を堪能した後、
DFSでショッピングをした後、
嫁と娘はタモンでスリングショット(逆バンジー)を体験してからホテルに戻り就寝。
IMG_1099.JPG

スカイダイビング出来なかった、
 嫁と娘だけ体験









ダウンロード.jpg

スリングショット
(この後、時速160kmで、
 空中70mまで飛び上がります)











最終日は、午前中レンタカーで、有名なEggs’n Thingsまで行き、
定番のパンケーキを堪能。その後ドライブして、またDFSでお土産を買い、
昼にレンタカーを返して、空港へ行き帰国しました。
eggsn-things-580x387.jpg










パンケーキ、ボリューム考えずに3皿も注文

去年、グアムは会社の社員旅行で行ったけど、
家族旅行はそれとは違った楽しさが有り、とても堪能した旅となりました。

追記。
そういえば、行きの飛行機の中でアクシデントが、
離陸して、1時間くらいたった頃に、
映画ではよく見るシーンですが、
「お客様の中でお医者様はいらっしゃいませんか?」
と機内アナウンスが。
飛行機は韓国のLCCのT’wayという航空会社でしたので、
LCCに医者乗ってるかなぁと不安になっていましたが、
運良くお医者さんが搭乗していて、急遽診察。
具合が悪くなった女性のお客さんは、
私たちの座席の5つ後ろの最後尾から2列目の日本の人でした。
CAの人もみんな集まってきて、AEDまで準備し出して、
緊迫した雰囲気に。
そして15分くらいたった頃、今度は、
「お客様の中で英語が話せるお客様はいらっしゃいませんか?」
とアナウンスが。
実は、長男の真央は1年間のオランダ留学の経験もあり、
英語力を活かした仕事に就きたいと言ってるくらいだったので、
「真央、手助けしてこい」と送り出しました。

5分くらいしていて一旦席に戻ってきた長男に状況を聞くと、
「グアムの病院に症状を電話で説明して、救急車を呼んでもらうために、
 英語が話せる人を探していたみたい。」
「今からもう一度CAさんの所へ行って、電話を借りて病院に電話してくるわ」
とさっそうとCAさん所に行くと、受話器を取って英語で何やら話し始めました。
そして韓国人のCAさんに、今度は、患者さんの状態や、
グアムの病院の手配の状況を今度は、韓国語で説明を始めるでありませんか!
韓国語までしゃべれるとは思っていなかったので、
席に戻った真央に「いつの間に韓国語しゃべれるようになった?」
と聞いたら、大学の1年の頃の相部屋の寮の同居人が韓国の人だったのと、
オランダ留学の時に特に仲が良かった人が韓国の人で、
韓国語に興味を持ち、1か月の韓国の短期留学も行ってたとのこと。

英語や韓国語が話せるというだけでなく、
テキパキと医師の話を病院やCAさんに説明している姿を見て、
もう立派な大人になったんだなぁと感慨深いものを感じました。
もう社会人になっても、東京で一人暮らしでも安心だな…


これからは、なかなか家族候うことも難しそうだけど、
またみんなで家族旅行に行きたいなぁ

IMG_1042.JPG

岐阜の不動産ならうかい不動産
不動産情報ポータル:ドリームゲート
岐阜の不動産情報:ドリームゲート岐阜
posted by U-kai(とも) at 10:53 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: