2011年11月22日

<グルメレポート>坦々麺のまるたん亭

ラーメン好きの僕は、外食するときは9割近くラーメン。
当然、岐阜市内の有名なラーメン店は大抵は網羅しているはず
ラーメンと一言で言っても、このジャンルは本当に奥が深くて、
味も、スタイルもじつにさまざま。
基本的に濃い目の味付けが好きで、
甘いよりも辛いラーメンが好きですねー犬

辛いラーメンといえば、
岐阜ではご当地ラーメン”ベトコン”が有名で、
自分としてはベトコンNo1の「香楽」に、
何年か前に名古屋のツレを招待した時は、
その時は、「辛すぎ!」だの「にんにく丸ごとなんか無理」
とか、ギャーギャー言ってたくせに、
それ以来、勝手に名古屋から何度も通ってるのを知って、
ちょっと岐阜のラーメン文化に鼻が高い気分でした。

脱線してしまいましたわーい(嬉しい顔)が、
辛いラーメンの代表格のひとつとして、
坦々麺がありますが、これも大好きなラーメンジャンルのひとつです。

岐阜にも坦々麺の名店がいくつかある中で、
是非、一度は行ってもらいたい店が、
「まるたん亭」です。
自分流 坦々麺ランキング 堂々の1ぴかぴか(新しい)です。
ちなみにそれ以外のランキングは、

2位 天都らーめん
3位 紅胡麻
4位 ごまめ屋
5位 珍竹林
6位 がんこzizi
8位 へそまがり
ランキングに入っている店は、基本どこもお勧めです。

まるたん亭_1600.jpg

場所は、鶉の環状線と旧21号の角にある、
有名な洋菓子のモンターニュバースデーの東約50mの集合店舗の一角

坦々麺_1600.jpg

坦々麺といえば、そぼろ肉というか味噌味っぽいミンチの豚肉が
オーソドックなスタイルだと思いますが、
あれって、麺を食べ終わった後に
器の底から、ワラワラと出現してタイミング悪いって思いません?
穴あきレンゲを付けてミンチ食べやすく工夫している店もあって、
それもはじめて見た時は感心したけど、
まるたん亭は、トロトロチャーシューが具材のメインデッシュ。
坦々麺にチャーシューってあまり好きな取り合わせじゃなかったけど、
このトロトロはいいねー。かんぜんにハマリました。
普通の坦々麺のミンチ肉では逆に物足りなくなってきたくらい。
さらに味つけ卵が、辛さでカラカラの口にまるで
オアシスのように優しくまろやかにしてくれてー
もうたまりません。

あと特徴としては、大量のガーリックチップ。
カリカリの食感とコクが絶妙です。

店主の坂下さん。いつもとびきりの笑顔で出迎えてくれます。
なんとなく、若いころのロバート・デニーロに
似てると似てると思うのは僕だけexclamation&question


坂下さん_1600.jpg

どちらにせよ、おいしい坦々麺を騙されたと思って試してみてください。

岐阜の不動産ならうかい不動産
不動産情報ポータル:ドリームゲート
岐阜の不動産情報:ドリームゲート岐阜
posted by U-kai(とも) at 20:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック